都会の薪ストーブと里山の薪(まき)をつなぐ

よくある質問:河川敷の伐採木について

<トップに戻る

 <お役立ち情報一覧に戻る

河川敷の伐採木は薪としてどうか

Q.

信濃川の河川敷の伐採木を、もらってきて処理しましたが、
虫食いが多いのですが、乾燥すれば、薪として使って差しつかえないでしょうか?

よろしくお願いします。

長岡市 O様より



A.

はい、河川敷の虫食いの木は
一夏乾燥させれば薪として使えますので大丈夫です。


虫食い部分がたとえ腐っていても、乾燥させれば燃えます。

とにかくよく乾燥さえさせれば、
燃えなかったり薪ストーブが傷むようなことはありませんので、
ご安心くださいませ。

河川敷の伐採木は、一般的にはヤナギ等が多く、薪としては火力がなくて火持ちがしないですが、

なんせタダですから(笑)、そのつもりでお使いになればお得です。

あと、
河川敷には「かぶれる」(肌がかゆくなる)木はあまり無いとは存じますが、

もしその他何か気づかれたことがあれば遠慮なくご連絡いただければと存じます。


河川敷等の伐採木等は、資源を有効活用するために、
薪ストーブでご利用になられることを当店でもお勧めしております。

自然界でただ腐らせて二酸化炭素を排出させたり、
焼却処分して無駄に二酸化炭素を排出させるよりも、
薪ストーブの燃料として有効活用するのはたいへん良いことだと存じます。



 <お役立ち情報一覧に戻る

<トップに戻る


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional