都会の薪ストーブと里山の薪(まき)をつなぐ

初めての方

<トップに戻る

薪ストーブと薪(まき)の情報サイトをご覧頂き、ありがとうございます。

店長の舘脇信王丸(たてわき のぶおうまる)です。

初めてこのホームページをご覧頂く方はぜひ以下をお読みいただければと存じます。

薪ストーブを既にお使いの方はこちら

 薪ストーブ、素晴らしいですね。

 きっと薪ストーブライフをお楽しみのことと存じます。

 ところで、燃やす薪は充分に足りていらっしゃいますでしょうか。

  「薪は自分で作ればタダですよ」

  「建築端材をタダで差し上げます」

 もしかすると、薪ストーブ屋さんや工務店さんからこのような言葉をお聞きになっていらっしゃるかもしれません。

 もちろん薪を自分で作ればタダですし、工務店から建築端材をもらえば薪代は要りません。

 しかし、薪を自分で作るにしても、木をどこから確保したら良いのか?

 そもそも、せっかくの休日に、子供さんと遊ぶ時間を削ってまで薪作りをするライフスタイルは賢明なのか?

 また、建築端材をタダで貰えば良いとはいえ、スギ(杉)やヒノキ(檜)の端材だけでは火持ちがしないのであっという間に無くなってしまいます。

 更に、河川敷の伐採木を無料で配布する場合があるのですが、ヤナギ(柳)など火持ちのしない樹種のため、1シーズン分を確保することは事実上不可能です。(タダですのでどんどんもらって下さい)

 他方で、薪ストーブ屋さんも工務店さんも、薪ストーブの販売には熱心ですが、薪そのものの取扱は熱心ではありません。森林組合等も薪販売は片手間と考えているのか、熱心ではありません。

 このように、薪ストーブ自体は素晴らしいのだけれども、実際に使い続けようとすると薪が手に入らないという不便さを目の当たりにして、薪ストーブユーザーであり里山に住む者として何かできないか。

 この気持ちから薪販売の専門店を始めました。

 昔から薪ストーブを使っている方はもしかすると、

『薪は自分で作るもんで、買うもんではないだろう』

と思う人もいるかもしれません。事実、私自身がそうでした。

 自家消費用の薪だけを作っていた頃、知人から

 『その薪売ってくれませんか』

と言われたときはえええええっーーー〜〜〜!?!!!

 と思ったものです。薪を商売にするなど思いもしなかった。

 薪は自分で作るものだろう、と。

 しかし、ある時から考えが変わりました。

 それは、江戸時代についての本を読んだときです。

 江戸時代は高循環型社会として有名ですが、それは即ち、あらゆるモノが売買の対象だったということです。

 なんと、人間の排泄物までお金でやりとりされていた。江戸の町の排泄物を周辺農民が買い取って畑にまき、農作物を作った。そうして作ったコメや野菜を江戸の町で売った訳です。

 (ついでに言えば、大名の排泄物は金肥(きんぴ)と言って栄養分が高い肥料として高値で取引されたといいます。)

 これからの私たちが進むべき社会もきっと、高循環型社会だろう。

 そのためには、あらゆるものの価値をキチンと認めて、経済活動の中に取り込んでいく。

 それこそが、薪ストーブ愛好家お一人お一人の人生を豊かにし、社会全体も豊かにできる道だろうと。そう思った次第です。

 これが、薪ストーブ用の薪の専門店、『薪屋ドットコム』の誕生の経緯です。

当店は薪ストーブ用の薪(まき)専門店です。

当店は、薪(まき)ストーブ用の薪(まき)の専門店として、薪の製造、販売、配達 をさせていただいております。

また、今後は

■薪の作り方 講習 (オノの使い方、チェーンソーの使い方、等) もしています。

■薪の生産の場となる里山作り 講習もやります。

を順次行ってまいります。

 ただし、薪ストーブ自体は取り扱っておりません。あしからずご了承ください。

 薪ストーブの一ユーザーとして、良い薪ストーブ、悪い薪ストーブを遠慮無く言うことができるわけです。

繰り返します。当店は薪ストーブ自体を扱っていないことから、薪ストーブに自由な立場にあります。

 私自身、薪ストーブと共に生活してきて30年を越えます。

 加えて、これまでに数多くのお客様のもとへ薪を配達させていただき、多くの種類の薪ストーブを見させていただいた経験から、お客様へのお役立ち情報をご紹介してまいります。

薪ストーブを購入したばかりの方はこちら

薪ストーブ導入、おめでとうございます!

 このホームページをご覧の方で、薪ストーブを最近導入された方もいらっしゃるかもしれません。

薪ストーブの世界に、ようこそお越し下さいました。

 あなた様はこれまで、家づくり、薪ストーブ選びで頭がいっぱいだったことだろうとお察しします。

お疲れ様でした。というよりも、楽しい経験であったことを願っております。

ですが、薪ストーブをしつらえてからが、実は長い長い旅の始まりなのです。

なぜか?

理由は簡単。

 家づくりや薪ストーブ選びは1年(または数年)で終わりますが、
その家に住み、薪ストーブを使い続けるのは20年、30年もしかすると一生、続くからです。

 当店は、薪ストーブを導入された方が困らないよう、あなた様の薪ストーブライフを支援いたします。

もちろん、薪ストーブそのものは薪ストーブ屋さんや工務店さんが販売し、設置していることと思います。

しかしながら、実際に薪ストーブを焚き、使っていくのはお客様ご自身です。

 初めに申し上げておきますが、薪ストーブはユーザーの「手間」(てま)を必要とする道具です。

 しかし、ご安心ください。

 この手間は、特殊な知識が要る訳でもなければ、特殊技能が必要な訳でもありません。体力もほとんど必要ありません。

 この手間を「苦痛」と捉えるか、「楽しみ」と捉えるかは薪ストーブユーザーお一人お一人のお気持ち次第ですが(私自身は「楽しみ」と捉えています)、薪ストーブを日々お使いのあなた様がどまどうことの無いよう、ご案内させていただきます。

 具体的には、薪の確保、保管の仕方、作り方など、薪ストーブユーザーが生涯にわたって
薪ストーブと付き合っていくための薪と薪に関するノウハウをご提供します。

 また、薪ストーブについてのお役立ち情報もご提供させていただきます。

これが、当店、薪屋ドットコムの役割です。

薪ストーブを買おうかどうしようか迷っている方はこちら

 もしかするとあなた様は、薪ストーブを購入しようかどうしようか迷っていらっしゃるかもしれません。

 『薪ストーブの売り込みは分かった。実際のところ、ぶっちゃけどうなんだよ?』

 そんなお気持ちかもしれません。

 薪ストーブを検討している段階で、当店に目を留められたのは、さすがです。

 なぜなら、薪ストーブを導入された方で、

『薪ストーブの事で頭がいっぱいで、薪のことを全然考えもしなかった』

というお客様が現実にいらっしゃるからです。

その方は冬になって薪が無いことに気づき、慌てて当店から薪をお買い求め下さいました。

 このようなことは、実は1件ではありません。これまでに何件もありました。

 薪をお買い上げいただけること自体はありがたいことなのですが、薪ストーブを購入する前に、薪そのものへの関心も払っていただきたい。

 なぜなら、

薪ストーブを使い続けられるかどうかのキモは、ズバリ、薪の入手に悩まなくて良いかどうか

にあります。具体的には、

  ■薪が安定して確保できるか?

  ■薪の保管場所−−薪棚(まきだな)−−はどこに、どれだけの大きさあればいいのか?

  ■薪棚と薪ストーブの位置関係、距離は?

  ■薪を運び入れるのに苦労しなくて良い家の間取りは?
 

等々です。

 このホームページでは、これから薪ストーブを購入しようかどうしようか迷っていらっしゃる方に向けても、お役立ち情報を順次ご提供してまいります。

私がご案内致します。

改めましてこんにちは。

薪屋ドットコム 店長の舘脇信王丸(たてわき のぶおうまる)です。

私がわかりやすくご案内させていただきます。

<トップに戻る

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional